マガジンのカバー画像

アウトプット

730
ゆめみの【勉強し放題制度】を活用したアウトプット、その他に、メンバーが自分自身で学んだことをまとめています。 ゆめみの独自制度である「勉強し放題制度」は、あらゆる学習費用を100… もっと読む
運営しているクリエイター

#PR

ゆめみのナラティブスクリプトを書いてみた⭐️【ねぇパパ教えて】パーパスとナラティブってなぁに? 完結編

はじめにはい!ギュンばんわ!ゆめみ広報の福太郎です! 知的好奇心旺盛な2歳児ヒカルが曇りなき両の眼でパーパスとナラティブを理解しようという学び企画~ナラティブスクリプトを書いてみる~シリーズ完結編です。ヒカルと共にゆめみのナラティブスクリプトは無事にアウトプットできるのでしょうか👀 今までのあらすじ登場人物ヒカル(2歳) 福太郎(44歳)※推定精神年齢3歳 みんな管理職になりたくない時代⁉️ ヒカル:ふぅ…生きる意味って一体なんなんだろうね。 福太郎:なんや?突然どし

スキ
16

ナラティブスクリプト書いてみる①⭐️【ねぇパパ教えて】パーパスとナラティブってなぁに?着手編

はじめにはい!ギュンばんわ!ゆめみ広報の福太郎です! 各方面から大反響の「ねぇパパ教えて」シリーズ! とどまることを知らない時の中で、知的好奇心旺盛な2歳児ヒカルが曇りなき両の眼でパーパスとナラティブを理解しようという学び企画。今回は「ナラティブスクリプトを書いてみる編」第1回目をお届けします。ヒカルはこれから一体どこに向かっていくのでしょうか? 前回までのあらすじ登場人物ヒカル(2歳) 福太郎(44歳)※推定精神年齢3歳 「ナラティブスクリプト」とはヒカル:ねぇパパ、

スキ
23

「背中押し屋さん」片岡俊行という男⭐️44歳、PR会社からゆめみに転職する【中編】

はい!そんなわけでパンナコッタ☆ 先日の前編では井之上パブリックリレーションズのことについて書きました。 国民待望の3部作~中編~となる今回は、ゆめみに転職することになった経緯を赤裸々にお伝えしますので、是非とも耳の穴をかっぽじってお読みいただければ幸いです。 ※もともと前編・後編の2部作を予定していましたが思ったよりボリュームが出そうなので、ファンの皆さんからの熱い要望にお応えして3部作に変更します 「背中押し屋さん」片岡俊行という男 はい!まずこの人なくてはストー

スキ
47

【自己紹介】はじめまして!私があの…福太郎です!

はじめまして!ギュンばんわ! そう、私があの…福太郎です! 1977年生まれ44歳。 生誕から10歳まで福岡、大学卒業まで神戸、現在は東京在住。 福岡生まれの長男ということで「福太郎」と名付けられる。 生まれてからずっとA型として生きてきたつもりが30代になってから血液検査したところ3回連続でB型という謎エピソードw 趣味: ⭐️カラオケ ※小室ファミリー、B'z、LUNA SEA、L'Arc-en-Cielなど90年代邦楽が好き ⭐️美活 ※特にアンチエイジング、美容

スキ
59

『カンニング竹山のイチバン研究所』で、社内制度を取材いただきました!ののーと

突然ですが実は僕……昨年末にTVデビューしてきました! ビオレデビュー、高校デビューに次ぐ〇〇デビューを果たしたんですね。 ※画像はイメージです。 収録に参加した僕以外の3人は、ジャケットやシャツを着こなしてスマートにバッチリ決まってたのに、僕だけパーカーでチンチクリンな格好で大阪からはるばる来てしまったんですけども、と言うとりますが。 むしろ自然体という意味でパーカーが正解やったと今でも思ってます。当日は広報メンバーにチンチクリンといじられつつでしたが、無事収録が終わ

スキ
4

ゆめみ流メディア活用戦術と考察をオープンにしちゃうよ!

こんにちは、株式会社ゆめみの取締役、工藤元気です。 先日、talentbookのウェビナーで登壇させていただきまして、ゆめみのメディア活用の考え方や、ぶっちゃけな広報の悩みをオープンにしちゃうといういうイベントに参加してきました。 僕自身はほぼ独学でこの会社の広報を立ち上げてきたわけですが、いろんなメディアやコンテンツのマネジメントをする中で、ここ数年は特に 1.事業、マーケティング活動との結びつき 2.ベンチャー企業の「ブランディング」とは? といった問いに向かい合

スキ
5

【イベントレポート】PR Table主催:PR3.0 CULCURE~企業と「個」の新しい関係構築

5月29日(水)虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催された、PR Table Community(株式会社PR Table)主催の《PR3.0 CULCURE~企業と「個」の新しい関係構築》に参加してきました。 今回はイベントの中で開催された一部のセッション内容、イベントの様子や、参加した感想をまとめていきたいと思います。 本イベントの目的PR × CULTURE を紐解く 私たちは昨年11月、国内初となるPRの大規模カンファレンスを開催しました。 そこで提唱した ‘Perso

スキ
4