アウトプット

708
【イベントレポート】グラフィック体験基礎講座 -聴いて描くための「聴く」技術編-

【イベントレポート】グラフィック体験基礎講座 -聴いて描くための「聴く」技術編-

こちらのイベントに参加してきたので、イベントレポートです。 参加前の期待会議の中でグラレコをしていく中で、「全員の話を漏らさず描かねば」という気持ちで会議に追いつけなくなってしまうことがあります。 重要な部分に絞り込んで聴くためにはどうすればよいのかを学びたいと思いました。 素振り 線を描いたりデフォルメの人を描いたりして素振り。 手首ではない、肘を使おう! って言われて気付いたけど私の肘一ミリも動いてなかった。意識しようとしたら線がブレブレになった。 座学グラレ

スキ
2
【イベントレポート】習慣化の秘訣を学ぶ

【イベントレポート】習慣化の秘訣を学ぶ

朝活KNOCKというコミュニティで朝のセミナーを受けてきたので、その感想です。 今回は習慣化の秘訣を学ぶということで、三浦将さんのセミナーでした。 グラレコ 感想習慣を実践しても成果が出ない焦りへの対処について、意識してなかった事を学べました。 技術など短期集中で身につけるべきシーンはありますが、それも普段からの習慣力があることで楽になる。成果を出せるまでの期間を自分で決めるということかなと思っています。 事後ワークセミナーの中で「本当の目的」というワークが紹介され

スキ
4
【読書】乗り越えられないキューバックログの回避

【読書】乗り越えられないキューバックログの回避

challenge-every-monthの輪読会でAmazon Builders' Libraryの輪読会をやっており、その資料をグラレコで作ったので公開します。 先日東京リージョンでAWS SQSの障害が発生し、AWS LambdaやS3にも影響が及んでいましたが、その理解の一助にもなるかなと思って読んでみました。 グラレコ 感想AWSソリューションアーキテクトアソシエイトを取得した時は、SQSを用いると可用性・耐久性の高いシステムを構築できるというメリットの方ばか

スキ
5
【読書】今日も22時に寝たので僕の人生は無敵です

【読書】今日も22時に寝たので僕の人生は無敵です

こちらの本を読んだので読書グラレコと感想のoutputです。 グラレコ 内容としてはTIPS以外にもあったのですが、今回は割愛しています。 感想「22時に寝る」というので「ストイックすぎる、自分には向いてない」とシャッターが降りる感覚があったのですが、TIPS自体は自分にも取り入れる価値の高いものでした。 一方で全く知らなかったTIPSというのが無い辺り、言うは易し行うは難しということなんだろうな... この本の著者である井上さんが主催している、朝渋KNOCKという

スキ
4
【勉強会レポート】人間中心設計について

【勉強会レポート】人間中心設計について

社内のHCD-Net認定人間中心設計スペシャリストの方が、人間中心設計についての社内勉強会を開いてくださったので参加してきました。 講義をしてくださった曽根さんのnoteはこちら。 今回は社内勉強会の感想レポートです。 期待していたこと自分はソフトウェアアーキテクトを目指しているのですが、書籍「Design It!」の中に以下のような記述がありました。 設計とは本質的に人間中心の取り組みだ。私たちは人のためにあソフトウェアを設計する。そして、人と共に設計する。アーキテ

スキ
3
【IOMO】Domain-Driven Design in PHP を翻訳しながら読む会#2 レポート

【IOMO】Domain-Driven Design in PHP を翻訳しながら読む会#2 レポート

こちらのイベントに参加したのでレポートです。 さっきイベント終わった所なので、多分これが一番早いと思います。 やったことこちらの本の中で、DDDの中でも一番理解が怪しい、ドメインイベントについての章を読むことができました。 イベントグラレコ わかったことシステムで起こった出来事をコンポーネントを横断する形で伝えることができるパターンであることを理解することができ、具体的な利用パターンとメリットについても触れる事ができました。 ドメインイベントによって表現力を増すとい

スキ
2
【読書】UNIXという考え方

【読書】UNIXという考え方

この本を毎日グラレコしながら読んでいたので、グラレコのまとめと感想まとめを書きます。 この本に期待していたこと読もうと思った切欠は、fukabori.fmというpodcastで、t_wadaさんが「UNIXは20年前に書いたプログラムと今書いたプログラムが連携できている」という話をされていたことで、継続的に使われるプログラムのあり方を学べるのではないかと思ったためです。 感想小さいプログラムを移植性高く書く事で、ユーザーに過剰なまでの柔軟性を提供する思想が短くまとめられて

スキ
6
【イベントレポート】―リクール哲学から学ぶ〈言葉の力〉―第1回 どうすれば正しく「自己」を分析することができるのか?

【イベントレポート】―リクール哲学から学ぶ〈言葉の力〉―第1回 どうすれば正しく「自己」を分析することができるのか?

こちらのイベントに参加したので、イベント中に録ったグラレコと感想をoutputします。 グラレコ 感想自分の経験に注目するのではなく、自らの信念が何であるか意識(自己創造)し、信念を対話の中で更新・改訂(自己反省)することにより自己分析に繋がるという流れは、自己分析へのアプローチとして納得のいく流れです。 思い返すのはよくマザーテレサの名言として引用される文章です。 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから 行

スキ
4