アウトプット

689
【読書】UNIXという考え方

【読書】UNIXという考え方

この本を毎日グラレコしながら読んでいたので、グラレコのまとめと感想まとめを書きます。 この本に期待していたこと 読もうと思った切欠は、fukabori.fmというpodcastで、t_wadaさんが「UNIXは20年前に書いたプログラムと今書いたプログラムが連携できている」という話をされていたことで、継続的に使われるプログラムのあり方を学べるのではないかと思ったためです。 感想 小さいプログラムを移植性高く書く事で、ユーザーに過剰なまでの柔軟性を提供する思想が短くまと

6