アウトプット

689
PHPカンファレンス2020で登壇してきた話【Lighthouseはいいぞ】

PHPカンファレンス2020で登壇してきた話【Lighthouseはいいぞ】

PHP Conference Japan 2020 Re:bornでLighthouseを題材に登壇してきました。 その裏話的なものや感じたことなどを書いていこうと思います。 登壇のきっかけ 自分はここ半年ほどずっとLighthouseを用いたGraphQL APIの開発をしていました。 初めて触る技術ということもあり大体のハマりどころにはハマった自信があるのですが、その過程であることに気がつきました。 ネットでLighthouseのことについて調べてみると、チュー

6
【CloudRun】Apache+Laravelの環境構築

【CloudRun】Apache+Laravelの環境構築

Cloud Runを使ってApache + Laravelのアプリケーションをデプロイする方法です。(Cloud SQLについては触れていません) Cloud Runについては過去にnoteを書いてますので見てみてください。 デプロイの流れ 分かりやすいようにざっくりイラスト化してみました ファイル構成 srcディレクトリにはLaravelのプロジェクトコードが入っています。 Dockerfileの作成 CloudRunはDockerComposeではなくDoc

12
ブラウザからTSVファイルをローカルダウンロードする方法【Symfony/Laravel】

ブラウザからTSVファイルをローカルダウンロードする方法【Symfony/Laravel】

DBのデータを、ブラウザ経由でローカルにダウンロードする方法です。TSVでダウンロードし、エクセルで表示できるようにしました。備忘録として残しておきます。 やりたいこと このデータを加工してエクセルで表示させたい。 $fruits = [ [ "name" => "apple", "price" => "120" ], [ "name" => "banana", "price" => "78" ], [

5
LaravelでTSV(CSV)ファイルを扱う

LaravelでTSV(CSV)ファイルを扱う

LaravelでTSVファイルからデータベースに初期データを投入したく、自分が分からなかった点をまとめます😊 TSVファイルをどこに置くか Laravelのdatabaseディレクトリ配下に置くと良さそう。 ヘルパのdatabase_path()を使うとdatabaseディレクトリの完全パスが生成されます。 // database/$path = database_path();// database/service/users.tsv$path = database

5
RESTfulなサービス作成を通じてLaravelを学ぶ

RESTfulなサービス作成を通じてLaravelを学ぶ

「フォームから入力した値をデータベースに登録し、JSONで返す」というシンプルなものを作ってLaravelを学びたいと思います〜! 完成物はこちら!この続きに関しては、別のnoteにまとめたいと思います。 これは、「PHPフレームワーク Laravel入門 」を参考に作成したので気になる方はぜひ買ってみてください😊 マイグレーションの作成 データベースを生成するために作成するのが「マイグレーション」と「シーディング」です。 ◎マイグレーションとは? データベースを移

12
Docker Laravelでマイグレーション実行時にエラーとなった時はTinkerを使ってデバッグする

Docker Laravelでマイグレーション実行時にエラーとなった時はTinkerを使ってデバッグする

Laravelをインストールし、マイグレーションファイルを作って実行しようとしたら、エラーになって解決方法に悩みました。 $ php artisan migrate SQLSTATE[HY000] [2002] Connection refused ⚠エラーメッセージ Illuminate\Database\QueryException : SQLSTATE[HY000] [2002] Connection refused (SQL: select * fro

6
LaravelからDockerを使ってMySQLへ接続確認する方法

LaravelからDockerを使ってMySQLへ接続確認する方法

MySQLへの接続で躓いたので、確認したポイントをメモに残しておきます。 はじめに DockerコンテナにLaravelは追加済みで、Hello World済みのところから、MySQLへの接続ができるように設定していきます。 各ファイルを用意 docker-compose.ymlにmysqlを追加 services: mysql: build: ./mysql container_name: '${PROJECT}-mysql' tty: true

5
Laravelでテストデータを用意し、ペジネーションと並び替えを実装

Laravelでテストデータを用意し、ペジネーションと並び替えを実装

ユーザーのテストデータを用意し、DBに保存→画面表示し、ペジネーションを追加してみます。完成イメージはこんな感じ。 さらに、Name, Mail, Ageをクリックするとその順番で並び替えられるようにしていきます😊 参考 これは、「PHPフレームワーク Laravel入門 」を参考に作成したので気になる方はぜひ買ってみてください!🙌 マイグレーションファイルの生成 $ php artisan make:migration create_people_table こ

7
Laravel + Vue.js ユーザー一覧を作成してみる(API編)

Laravel + Vue.js ユーザー一覧を作成してみる(API編)

LaravelでAPIを作成し、Vue.jsでフロント側を作成してみたいと思います。このAPI編では、/user APIを作成するところまでです🙌 最終的にはこんなかんじでユーザー一覧が表示されるようにしていく! モデルの作成 $ php artisan make:model User モデルを作成。中身はまだ空っぽでOKです。こうしておくと、ControllerでUser::query()が使えるようになり、DBのuserテーブルが取得できます。 $ php ar

8
Laravel + Vue.js ユーザー一覧を作成してみる(フロント編)

Laravel + Vue.js ユーザー一覧を作成してみる(フロント編)

前回user APIを作成したので、Vue.jsを使ってフロント部分を作っていきたいと思います〜🙌 Vue CLIを使う いつもはNuxtばっかなんですが、今回はVue CLIで作ってみたいと思います💡 ここで躓いたのは、$ vue create my-project したときに、defaultを選んじゃだめってこと(!)Manually selectって難しそうじゃん・・と思ってdefault選択したら、自分でrouterやvuex導入するの難しかった。 だいたいr

30