アウトプット

665

「存在承認」について考える

先日、朝の大好きな番組で、コミュニケーションコーチングを専門にされている山崎洋実さんからのテーマで、「存在承認」という言葉を知りました。 「存在承認」とは? 存在承認とは「あなたがいてくれるだけで私はうれしい」という承認です。 最近、周囲が子育て世代なので、よく「自己肯定感を高め…

[入社エントリ]未経験から会社員デザイナーになった感想

2020年2月に第二新卒のUX/UIデザイナーとして株式会社ゆめみに入社しました。入社後半年ほど経過したので良い文化、制度だなと感じたことと改善点をまとめていきます。 入社までの経緯 4年制大学の英文学科を2019年に卒業しました。デザインやIT業界とは無縁の生活を送っていましたが専門性のあるス…

「信念」について考えてみる

1ヶ月ほど前の話ですが、運営をしているLiberal Arts Labの一貫で、オンラインの朝活イベントを開催しました。 テーマは「リクール哲学から学ぶ〈言葉の力〉―第1回 どうすれば正しく「自己」を分析することができるのか?- 」 『哲学。。。難しそう😨』 私自身、そんな立ち位置からのスタートでした…

Liberal Arts Lab を設立しました🎉

こんにちは。UXUIデザイナーのasakoです。 この度、社内の横断的組織として、リベラルアーツ委員会を発足しました\(^o^)/ リベラルアーツとは リベラルアーツ = 「教養」 「教養」という言葉は、一般知識という概念でも捉えられがちですが、これから先、自分で何かを選択していくときに必要な知…

「池上彰の教養のススメ」を読み終えた

読むきっかけ 会社の本棚から何気なく取ってパラパラめくっていくうちに「これはおもしろそう!」と思い読むことにした。 教養についても興味があったし、池上彰さんの本も読んでみたかったし。 教養とはなにか? 本を読んだ限りではこういう意味かな。 ・すべての分野の土台となるコア知識 ・社会…

書籍紹介 「武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50」 山口…

「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~ 」が良かったこともあり、同じ著者の本書を購入。折から社内でリベラルアーツの話題が盛り上がっていたこともありました。 我々にとって哲学の意味には、結果と過程の2つがあるといいます。例えば思索を…