アウトプット

689
【4/17】さんさき坂カフェで哲学的な(?)プログラミング体験教室を開催した話

【4/17】さんさき坂カフェで哲学的な(?)プログラミング体験教室を開催した話

こんにちは!海ではなく情報の波に漂う貝です🐚 さんさき坂カフェという素敵なカフェで、「プログラミング体験教室」というのを開催したんですが、思ってたよりも参加者の方々に楽しんでいただけて、僕自身もとても楽しかったのでそのレポートです♪ ところで、まず、なぜ僕にこんな話が舞い込んだかという話なのですが、実はこのさんさき坂カフェはとても面白いカフェで、普段から様々なイベントを開催しているんですね。例えば、ウクレレの会とかボドゲの会とか、デザイン教室などです。僕は「アイルランド音

8
「存在承認」について考える

「存在承認」について考える

先日、朝の大好きな番組で、コミュニケーションコーチングを専門にされている山崎洋実さんからのテーマで、「存在承認」という言葉を知りました。 「存在承認」とは? 存在承認とは「あなたがいてくれるだけで私はうれしい」という承認です。 最近、周囲が子育て世代なので、よく「自己肯定感を高める教育」についての話を聞きます。私が見ていた番組でも、ユニセフの調査レポートで、「日本の子供の幸福度が低かった」という結果がきっかけでした。 「褒めよう」と思う気持ちから、どうしても私たちは「

7
「信念」について考えてみる

「信念」について考えてみる

1ヶ月ほど前の話ですが、運営をしているLiberal Arts Labの一貫で、オンラインの朝活イベントを開催しました。 テーマは「リクール哲学から学ぶ〈言葉の力〉―第1回 どうすれば正しく「自己」を分析することができるのか?- 」 『哲学。。。難しそう😨』 私自身、そんな立ち位置からのスタートでしたが、イベントが終わって時間が経てば経つほど、自分の中でもこの日の学びを噛み締めることが多かったので、感想を〜🙌 イベントの主題であったポール・リクールとは、フランスの哲学者

6
書籍紹介 「武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50」 山口 周

書籍紹介 「武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50」 山口 周

「世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」~ 」が良かったこともあり、同じ著者の本書を購入。折から社内でリベラルアーツの話題が盛り上がっていたこともありました。 我々にとって哲学の意味には、結果と過程の2つがあるといいます。例えば思索を重ねて古代ギリシアの哲学者たちが至った結論である「世界は四つの元素から成り立っている」という結論を見ても、現代の我々には無知蒙昧な古代人の結論か、で終わってしまいます。そうではなく、その結論に至った

4