UX/UIデザイン

121
結果が未知の領域で、計画的プロセスがうまくいかない根本的な理由

結果が未知の領域で、計画的プロセスがうまくいかない根本的な理由

以前、「デザイン思考などで一生懸命つくった新規事業の企画なのに社内稟議を通らない理由」を書かせていただきました。そこでは、根本的に向き合い方が違うのだという話をさせていただきました。 積み上げで説得することは難しく、相手を巻き込んで、共感してもらうことが必要だと結んだのですが、抽象的なので、もう少し噛み砕いてみようと思いました。 そこで、旅行のアナロジーを使ってみようと思います。 旅行って、パッケージツアーとフリーツアーがありますね。 計画的プロセスで結果を出す(計画

14
PMP取得に向けて

PMP取得に向けて

このnoteについて 人間中心設計スペシャリストでサービスデザイナーである私が、PMPの資格取得をめざそうとおもった件について書いています。 取得しようと思った経緯  私はこれまでのキャリアで、 Webディレクター→システムディレクター→プロダクトマネージャー→プロジェクトマネージャーという形で、 プロジェクトのマネジメントに携わってきました。 さらにかけ合わせのスキルとして、 デザインツール使用や人間中心設計の資格、デザイン思考でのワークショップファシリテーションな

7
ふりかえってから前へ進もう (ふりかえりのフレームワークK・F・C・Cのお話)

ふりかえってから前へ進もう (ふりかえりのフレームワークK・F・C・Cのお話)

「ふりかえり」とは 弊社では、複数のプロジェクトを抱え、日々プロジェクト単位の活動が主体となっています。そのような状況下ではどうしても、プロジェクト内外の情報共有が適切に行われないといった「会社あるある」が発生してしまいます。 弊社では、ハード面の解決方法として ・議事録、Confluenceでの言語化徹底 ・SlackのDM禁止、オープンチャネルでのやりとりを推奨 ・Bad News Fastチャンネル(ミスや問題を即報告する) などを設けています。※参考記事 その他

10