ゆめみの日常

85
広報としての特権は、特等席に座れることだった

広報としての特権は、特等席に座れることだった

わたしが言う「特等席」とは、メディアの取材に同席できる“席”のことを指しています。 なぜそう思ったのか? メディアの記事というのは文字数が決まっていて、取材の中で話をした内容がすべて載るわけではありません。 また、どんな感情で話をしているのか、どんな表情なのか、どんな仕草をするのか、すべてを記事の中で表現することは難しいです。 だからこそ、そのすべてを一番いい席で見て聞くことができるのは、広報としての特権だと思っています。 そして、取材の中に盛り込めなかった話やその人の

スキ
7
ゆめみ塾のロゴマークを作成しました

ゆめみ塾のロゴマークを作成しました

株式会社ゆめみでは、学習意欲の高いメンバーが多く、社外勉強会への参加はもちろん、社内勉強会も盛んに企画・開催されています。その中で、広義のデザインの勉強会を開催・推進する「ゆめみ塾」というチームがあります。 ゆめみ塾は、個々人の知識を属人的にとどめておくのではなく、自身が学び、その過程も含めて社内外に共有すること、またその仕組みを体系化してゆくことを目的としたチームです。ゆめみ塾メンバーが講座を開催してゆくのはもちろんですが、ゆめみ塾メンバーではない人の講座開催もサポートし

スキ
8