アウトプット

521

【書評】『ザ・ファシリテーター』

なぜ読んだか ファシリテートにより、チームの成果をより良い結果導くことができないだろうかと考えた。 ファシリテートの機会が多いが、ファシリテー…

初めてのシステム運用保守にお勧めの本1選(サーバサイド)

ズバリ、「Webエンジニアが知っておきたいインフラの基礎」 という本がお勧めです。 以下に個人的に運用保守業務で役に立ったものを厳選して記載してい…

読書メモ−「つきあい方の科学」R. アクセルロッド

昨今の状況で「積ん読」が解消されつつあって嬉しい気持ちです。 つきあい方の科学:バクテリアから国際関係まで (Minerva21世紀ライブラリー) (日本語…

ドメイン駆動設計入門 ボトムアップでわかる!ドメイン駆動設計の基本

読書記録です この本は発売直後にKindleのセールに入っていて、勢いで買っていました。しかしドメイン駆動設計というと、エリック・エヴァンス氏のDDD…

【書評】 他者と働く

とくに組織の問題や困りごとはないが、自分の仕事の考えをよりよい方向に向ける事を期待して読んだ。 この本から学びたいこと 目次をざっと眺めて自分…

【書評】 三体Ⅱ

いつの間にか続きが発売されていたので即購入。 10日ほどで上下の2冊を読み終えた。 感想 やっぱりSFはおもしい!スケールがデカすぎ!! 初っ端から…

【感想】『世界は贈与でできている』

SNSで感想を書かれている人がいて、気になったので購入しておいた本。 連休の中日に、手にとって読み始めたところ、のめり込んで一気に読み通してしまい…

ざっくりアジャイル開発について

はじめに 開発手法として「アジャイル」とか「ウォーターフォール」をよく聞きますよね。職場ではアジャイル開発が多いのですが、なんとなく言葉を知っ…

仕掛学―人を動かすアイデアのつくり方【読書メモ】

仕掛学―人を動かすアイデアのつくり方 を読んだメモです。 Amazonプライム会員なら無料で読めます (2020/6/1(月)時点) 仕掛学ってなんなのか 問題解…

【読書感想】失敗図鑑 すごい人ほどダメだった を読んで

概要 世界の偉人たちも失敗をしそれをこう乗り越えた!を紹介する本。とても読みやすい文体とイラスト多めの書籍でした。 ダリ・ピカソ・ベートーベン…