アウトプット

703
ゆめみ入社3年目、C.DOになった話と、この2年ぐらいのゆめみのデザイナー組織の変化

ゆめみ入社3年目、C.DOになった話と、この2年ぐらいのゆめみのデザイナー組織の変化

ゆめみに入って3年目になりました。 入社後、私は仲間と協力しながらサービスデザインに注力するチームを作って業務にあたり、また社内外のワークショップを実施したり、外部セミナーで登壇したりしてきました。 すると最近では強強な仲間も増えてきました。 そしてこの5月に、ゆめにでは新たに「C.xO制度・執行役員制度」が立ち上がり、私は取締役会決議でC.DOに任命され、C.DOとして活動していくことになりました。(.がついているのは誤植ではなく、意図があります。) エンジニア・デ

スキ
44
【感想】ユーザー中心組織論

【感想】ユーザー中心組織論

きっかけ  SNSでいつも共感する投稿をされていて、勉強させていただいている金子さん(@tsuyoshi_osiire)が本を出されるというので飛びついて読ませていただきました。 折しもデザイン経営を学び、デザインやイノベーションの組織へのインストールにあたっては組織ごと変わる必要がある、と私も考えていたので、こちらの本は深い共感とともに読ませていただきました。 私の過去の投稿 デザイン組織 https://note.com/goofygoof/n/n69d446ec3

スキ
19
HCDスペシャリスト認定試験に合格しました🎉

HCDスペシャリスト認定試験に合格しました🎉

UXUIデザイナーのasakoです。 YUMEMIでは、社内の成長促進のための様々な制度があります。この度も、勉強し放題制度・資格取得報奨金制度を活用し、新たな資格を取得しました!◎ HCDスペシャリスト認定試験とは? HCD-Net(人間中心設計推進機構)が人間中心設計(Human Centered Design)に関して一定水準の能力を有する人材を、専門家及びスペシャリストとして認定する制度のことです。(2020年度に受験しました) 専門家 ・HCD専門領域で後進の

スキ
12
大多数の人は「損するか得するか」ではなく「損するか損しないか」で動くということ

大多数の人は「損するか得するか」ではなく「損するか損しないか」で動くということ

先日遭遇したこと Twitterで共感する投稿があり、それに対して返信をしました。 人々はなぜ、「目の前にある明らかな得」よりも、現状維持を望むのだろうか、ということをかなり不思議に感じておりました。 並ばずに取引するメリットを行うために、新しい困難なことを行う よりも、 このままいつもどおり並ぶことで、確実に取引を行う を選ぶ。 得られるものは同じだが、前者のほうが時間をかけなくてすむ はずなのですが。 行動と結果だけを見ると、不合理としか言いようがありません。

スキ
9
屋号のロゴができるまで

屋号のロゴができるまで

屋号のロゴの制作過程を記録として残します。 1. 情報整理 まず初めに、自分ができること / やりたいこと / 強み などを洗い出しました。 ・媒体としてはWEB ・デザインとフロントエンドが専門  (デザインはあまり経験がないのですが、意気込みを込めて。。) ・営業の経験もあるので、相手に合ったコミュニケーションができる ・相手にとってどういったものを制作するのがいいのか寄り添って考える方針 ・個人的には女性らしい、フェミニン、かわいいデザインが好み 2. コンセプ

スキ
15
個人用名刺を作った話

個人用名刺を作った話

だいぶ長いこと下書きの中に埋まっていたが、掘り起こしてみる。 2020年1月に転職して、環境が変わった。 その中でFigmaというツールを使うようになったので、その勉強をしたくなった。 作りたいものは特になかったので、頭を捻らせた結果、名刺を作ることにした。 作ったものの、コロナになって誰とも会わなくなったので、配る機会がない...

スキ
8
学生に混ざってゆめみUXチームのインターンに参加してみた Part2 〜アウトプット紹介編〜

学生に混ざってゆめみUXチームのインターンに参加してみた Part2 〜アウトプット紹介編〜

株式会社ゆめみのUIデザイナーかえでです。本稿では、学生に混ざって参加させていただいた弊社の「インターン生自身がインターンプログラムを設計するインターン」に参加してみて、チームでどのようなアウトプット(ゆめみの新規インターンプログラム)を制作したのかを振り返ります! ※プログラムの内容は確定したわけではなく今後も検討を進めるため、内容を変更する可能性があります。 制作プロセスについては、下記の記事を読んでいただけると理解しやすいと思います。 インターンプログラムのテーマ

スキ
6
実施する時間に合わせて考えたUX MILK All Nightでのワークショップ

実施する時間に合わせて考えたUX MILK All Nightでのワークショップ

2020年9月12日(土)〜9月13日(日)にオールナイトUXイベント「UX MILK All Night」が開催されました。 土曜の19時半にスタートして翌日曜の12時まで、ちょっぴり夜更かしして、 「UX」について考えるオンラインの場でした。 参加された皆さんはいかがでしたでしょう、楽しめたでしょうか? 私はワークショップのファシリテーターとして参加しつつ、イチ参加者としても、とても楽しませてもらいました。 イベントがスタートするまでは、オンラインで行われるデザインフェ

スキ
12
美術大学の学生になりました。

美術大学の学生になりました。

この9月から、多摩美術大学クリエイティブ・リーダーシップ・プログラムの一期生としての活動がはじまりました。 毎週土曜日に上野毛の多摩美術大学に通って、同期選抜の30名と一緒に、錚々たる講師陣のお話をきき、ワークショップをする日々を送っています。 TCLとは 主にビジネスパーソン向けの講座として、デザイン✕ビジネスの領域における第一人者を育て上げていくプログラムと理解しています。 「TCL」は、ビジネスにおける思考力と実行力を実装する場だ。 デザイン×ビジネスの先端の知

スキ
5
ゆめみで実践するサービスデザイン:文献レビュー編

ゆめみで実践するサービスデザイン:文献レビュー編

「サービスデザイン」という言葉を最近よく耳にするという方は、多いのではないでしょうか?サービスデザイナーが実際にどのような仕事をしているのかと気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 私は、株式会社ゆめみでサービスデザイナーとして、社内とクライアントの両方に対して、その哲学や方法論を活用して日々業務に取り組んでいます。今回は、ゆめみで実践しているサービスデザインについて、自分の振り返りも織り交ぜながら書いていきたいと思っています。 この記事では、まずサービスや

スキ
17