代表ブログ

45
成長の為の学習サイクル(その3)

成長の為の学習サイクル(その3)

前回(その2)に続いて、最後に、自己期待の膨張が悪循環になってしまった場合に、そこから抜け出て、能力の変容を行うためのプロセスを示します。 上図にあるように、家族などからの「過去の期待」の裏側にある文脈を仮定して見ます。 例えば、「しっかりしなさい」という過去の期待の裏側には、「一人で生きいける力をつけて欲しい」という成長を願う「愛情」があるかもしれません。「諦めちゃだめ」という過去の期待は、成長を信じる「信頼」の証しであるかもしれません。 あるいは、家族から「甘えては

スキ
5
ゆめみの問題点・課題(求人応募者向け)

ゆめみの問題点・課題(求人応募者向け)

求人応募者・採用候補者の方向けに、入社前の期待と入社後のギャップをなるべく少なくするため、RJP(リアリスティック・ジョブ・プレビュー)として、ゆめみの現状の問題点・課題を洗い出しておきます。 組織課題一覧 まず組織的に管理している「組織課題一覧」を下記で共有させて頂きます 上記は組織図における各チームで抱える課題を網羅的に列挙したものです。 まじで、、、網羅しているね。。 課題だけでなく、会社目標や業務内容も可視化されたものとなります。 次に、社内でアンケートを

スキ
90
ゆめみは成長環境しか提供できません。(会社紹介・採用ピッチ資料)
+26

ゆめみは成長環境しか提供できません。(会社紹介・採用ピッチ資料)

※2021年7月5日に最新更新されました 本記事は下記のYoutubeで補足解説をしております1.5倍速で再生する設定にすると、約50分で聞く事ができますいやいや長いやろ(笑) 株式会社ゆめみでは成長環境しか提供できません。 「今はまだ、成長に踏み込めない」という人にとっては、ゆめみは息苦しい場所しかなく、お互いに不幸になりかねないです。 強い意志で、成長環境作りに全てをかけています。 やっぱ、ゆめみは、ビジネスモデル上「人」の会社ですから。。その上で、2022年3

スキ
135
成長の為の学習サイクル(その2)

成長の為の学習サイクル(その2)

前回に続いて、成長の為の学習サイクルについて整理します。 今回は、能力の変容(質的に次元の高い変化)を実現する為の学習戦略についてまとめます。 内容は、かなり複雑かもしれません。。。 ただ、そもそもの能力の変容自体が、複雑なプロセスを経て実現するものなので、説明の複雑さは、そのプロセスの複雑さ「そのもの」を表していると考えています。 一方で、まだ説明がこなれていない部分があるので、今後より分かりやすくしていきたいと思います。 まず、設定としては、「完璧主義で他人に頼

スキ
5
ゆめみの組織構造

ゆめみの組織構造

ゆめみの組織は、ロールドリブンな設計になっています。 実際のところは、ホラクラシーの要素に近い部分もありますが、組織図自体は、人間にとって馴染みがあり、分かりやすい階層構造で可視化をしています。 組織はチームという単位から構成されていて、必ずメンバーはいずれかのチームに所属するということになっています。 チーム(Team) チームは以下の3つで定義されます ストーリー(Story) スコープ(Scope) ステークホルダー(Stakeholder) 1. ストーリー

スキ
7
リーダーシップとリーダー論

リーダーシップとリーダー論

リーダーの役割として、例えば、以下をあげることができます ・先を見通して、問題を発見、仮説や課題を設定する ・目的や目標、仕事の意味を設定し、伝える ・判断、意思決定をする ・手本を示す、ガイドラインやルール、仕組みを作る ・役割を示し、権限委譲を行い、フィードバック・助言をする ・チーム、組織の安全性を担保して、秩序を維持する これらの役割を全てできるスーパーマンがいたら、自分で起業してビジネスを行なっているように思います。。。 リーダーの役割とは、組織やコンテキスト

スキ
4
新卒を見下す老害ではなく、新率(しんそつ)を尊重する老が良い

新卒を見下す老害ではなく、新率(しんそつ)を尊重する老が良い

ゆめみでは、新卒の事を、呼び方は同じでも「新率」と呼ぶ事があります。 新卒の定義とは その年に学校を新しく卒業すること。また、その者 として、学校を新しく卒業する人としています。 ゆめみでは、新卒入社・中途入社の採用基準に特別な違いはないです。 どちらも集団学習力、成長力を重視さて判断しています。 例えば、中途入社の方で、応募時点での経験や能力の絶対値が即戦力であったとしても、将来にわたっての成長スピード、成長力などがなければ不採用となります。 逆に言えば、例え

スキ
7
美しいデザインは何から生まれるか

美しいデザインは何から生まれるか

本日2019年1月27日で、株式会社ゆめみは創業して19年目になります。 特に何かお祝いをする訳ではないですが、来年の20周年にはイベントを開催しようと思っています。 20周年を機会に、リブランディングを行う予定であり、ロゴデザインなども見直す予定です。 19年目の機会に「デザイン」について個人的に考えてみました。 まず、コンピューターの歴史を振り返ってみました。 IBMが100年前に提唱した「think」計算機機、情報処理機器としてのコンピューターによって、人にと

スキ
6