マガジンのカバー画像

ゆめコレ in Kansai

90
ゆめみ京都/大阪オフィスの日常、お知らせ、アウトプットを随時お送りします!
運営しているクリエイター

#広報

なぜ定例ミーティングは盛り上がらないのか。 -ゆめみのエンジニアが実践しているメンバーの発言率をアップさせる方法-

1月23日に開催された「Agile Tech EXPO」にゆめみのフロントエンドエンジニアの内藤さんと恒田さんがコンビで講演したんですよ〜!! お2人のセッションには、164名とたくさんの方が参加されて、講演中はDiscordも活用されていたんですが、すごく盛り上がっていたとか♪( ´θ`)ノ 「Agile Tech EXPO」とは、アジャイル開発を実践している方々、アジャイルに興味がある方々に向けた技術の最新動向をお届けするカンファレンスなんです。 その中で、内藤さん

スキ
7

『カンニング竹山のイチバン研究所』で、社内制度を取材いただきました!ののーと

突然ですが実は僕……昨年末にTVデビューしてきました! ビオレデビュー、高校デビューに次ぐ〇〇デビューを果たしたんですね。 ※画像はイメージです。 収録に参加した僕以外の3人は、ジャケットやシャツを着こなしてスマートにバッチリ決まってたのに、僕だけパーカーでチンチクリンな格好で大阪からはるばる来てしまったんですけども、と言うとりますが。 むしろ自然体という意味でパーカーが正解やったと今でも思ってます。当日は広報メンバーにチンチクリンといじられつつでしたが、無事収録が終わ

スキ
5

お茶しながら勉強会を実施してみた

ゆめみでは、最近新しくできた「ぱくぱくスタディ」という制度を活用すると勉強会で食べるものや飲みものを会社が負担してくれるんです♪ 今日はそんな「ぱくぱくスタディ」制度についての紹介と実際に活用した勉強会の内容を紹介します! ■ぱくぱくスタディとはリモート勉強会を実施する際に飲食の補助をしてもらうことができちゃうんです!もちろん、お菓子もOKですよ♪ 1人1回の利用できる最大の金額は¥1,500までで、なんと!無制限に使えちゃうんです〜\(( °ω° ))/ウレシイ 【目

スキ
11

社内の振り返り会を見せちゃいま〜す!

先日、社内で「佳水園ブランドサイト制作」のプロジェクトメンバーによるオープン振り返り会が行われました!! すごくお洒落なんですよ〜(((o(*゚▽゚*)o))) ゆめみではプロジェクトが終わったタイミングでお客さまも含めた関係者で振り返り会を行っています。 目的は、またお仕事をご一緒した際に、より良くしていけるよう後学に活かしていく事のようです。 そんな振り返り会は、社内のメンバーだけでも別途実施しているのですが、今回は実験的にだれでも参加できるオープン振り返り会を実施

スキ
10

情熱○陸でたい染矢。-part2-

この男はいつも新しいことを求めている。 2020年11月20日。 マーケティング/サービスデザインと幅広く活躍している染矢は、新型コロナウイルス感染症の影響によりオンラインで開催された「MarkeZineDay2020 Autumn KANSAI」で講演するため、東京に姿を見せていた。 このイベントは、講演中に参加者の方々とコミュニケーションを取ることができるチャット機能があり、彼はその機能を活かして、初のラジオ形式でLIVE配信に挑んだ。 ※画像は講演資料の一部から

スキ
6

figmaでプレスのカバー画像を作ってみた-初心者向け-

前回は、社内勉強会が2日間行われたうちの初日に教えてもらっことを紹介しましたが、今回は2日目の内容を紹介します!! 「figmaでバナー画像を模写した話-初心者向け-」の記事のつづきになりますので合わせて読んでいただけると嬉しいです♪ それでは、2日目に教えてもらったことを紹介しますよ! ◆2日目自分が作業をするFrameから作成していきました!そして、模写したバナーはこちら! (※左バナーの背景は用意してくださったものをダウンロードしています) 2日目で教えてもらった

スキ
10

figmaの社内勉強会でバナー画像を模写した話-初心者向け-

ゆめみで広報を担当しているわたしですが、社内勉強会に参加してfigmaを使って画像を作成することができるようになったんです! 今日は、全く触ったことがなかったわたしが、たった2日でafterの画像まで作ることができるようになった様子を書いていきたいと思います! ◆社内勉強会の詳細少し前のお話になるのですが、9月14日と15日にゆめみ塾×デザイン委員会(CDC)が主催のオンライン勉強会「チャレンジグラフィックデザイン」がありました! 勉強会の内容は、”figma”というツ

スキ
15

ゆめみの制度「10%ルール」って??メンバーの活用事例を紹介します!

ゆめみでは、業務時間の10%を自分の好きな時間に当てることができるんです!! 1ヶ月160時間とすると、16時間を使うことができます\(( °ω° ))/ 「これはどういう制度ですか?」とよく聞かれる10%ルール。 今日は、10%ルールについて紹介していきたいと思います〜! ■具体的な内容について業務時間内で自分の好きなこと・やりたいことに時間を当てることができ、例えば能力開発や研究開発、外部のセミナーに参加することができる制度です! 【目的】 ・業務として自己への能力

スキ
11

ゆめみ、デブサミ関西で講演しました!

800人以上が視聴した「Developers Summit 2020 KANSAI」(※デブサミ関西)でゆめみSREの谷さんの講演は、事前登録の時点で満員御礼!! 今回、デブサミ関西は初のオンライン開催だったのですが、全24セッションあるうち、4セッションが事前登録で一時満員になっていたんですよ!! (※当日は枠が拡張されてました) そのうちの1つが谷さんのセッションだったわけです〜⭐︎(((o(*゚▽゚*)o))) スゴイ 今日は、デブサミ関西の準備や事前収録、当日の

スキ
14

わたしの振り返り。からの〜決意表明!

ゆめみで広報販促を担当して1年がすぎました! えっ!! もう1年がすぎてたん・・・・早ずぎる(^_^;) ということで、 今回はわたしの取り組んでいることについて、ちょっと振り返りたいと思います! ■取り組み まずは広報として、 【yume_news】 メンバー同士のコミュニケーションのきっかけとなって欲しいという想いで、メンバーの良さやどんな人かを知っていただきたくyume_newsという社内報を発信しています。 先日、同じ広報販促チームの染矢さんに紹介してもら

スキ
15

「どういう顧客感情を生むか」から逆算するマーケティング

「やっとゆめみさんと仕事出来る。」 僕のブランディング、マーケティング、リクルーティングにおける設計はこのお言葉をいただく事から逆算してます。 なので、いきなり極端な話になりますが、マーケティングプロセスの営業において、失注や提案辞退も必要なステップやと考えてるんです。 今日は、そんなマーケティング活動にフォーカスした記事を書きます。 ゆめみのマーケティング領域まず、ゆめみのマーケティングは、以下4つの領域が対象です。 1. 商品開発 2. 広報 3. 販促 4.

スキ
28

気がついたら受賞?!ゆめみの表彰企画

これまで紹介してきたのは、自分自身が行動することで対象となる不定期開催のキャンペーンでしたが、今回はメンバー投票や代表のれいっちの独断と偏見により贈られる表彰企画を紹介します⭐︎ (表彰者については、担当チーム間でレビューを実施しているので独裁による決定ではありませんよ!) 全メンバーを対象に選ばれるんですが、なんと!! 広報/販促の担当をしているわたしも受賞したんですよ\( ˆoˆ )/ウレシイ〜 受賞者は表彰企画によって異なりますが、金一封や新型iPad/Apple

スキ
13

ゆめみの価値は”気付けば誰よりもシステムを理解していること”だった

ゆめみの京都オフィスでECプロジェクトを担当しているメンバー間でリモート座談会をしました! ECならではの苦悩することや達成感を得るとき、あんなことやこんなこともできたらいいなというリアルな声を聞くことができましたよ〜! 今回は座談会シリーズの第2弾です! ちなみに今回のメンバーは全員、チーム串八に所属しているんです♪w チーム串八の活動は、串八が好きなメンバーで定期的に集まって食べに行くこと!コロナの影響のため食べに行くことができないので残念です。。 ※串八とは、京都オ

スキ
18

お客さんのビジネスが成功するために大事にしていることとは?

今回は、今年2月に実施したNPS調査(※1.)で3名中2名のご担当者様から10点満点のご評価をいただいた「コープこうべアプリ」のプロジェクトメンバー間でリモート座談会をしました!! 「コープこうべアプリ」は2020年4月で3周年を迎え、ゆめみは初期開発からずっとご一緒させていただいております。 3年が経った今も高い顧客満足度を得ているメンバーに大事にしていることや、サービスの発展に向けた取り組み、メンバーのそれぞれの魅力などお話しいただきましたよ〜!! ちなみに、この4

スキ
18