YUMEMI

デジタルプロダクトのサービスデザイン、UX/UI、DevOps。Swift, Kotlin, PHP, Vue.js, React.js,AWSなどエンジニア・クリエイターの会社であるとともに、成長環境プラットフォーム(GROW with YUMEMI)を提供しています。

ゆめみスペシャル

ゆめみの日常や当たり前を積極的にアウトプットしていくシリーズ。 詳細はこちら https://note.yumemi.co.jp/n/n43d0bffcadbf

  • 13本

ゆめみの天使たちに逢ってわかった!雑談タイムを楽しく持続させる法則 後編

〜〜〜 前編ではおふたりの日常風景を通して、担当している仕事や役割についてお伺いしました。後編では、2020年3月以降続けられているという、毎日15時からの雑談タイムに迫ります。 実際の「15時からの雑談タイム」の風景を、参加者に了承を得たうえで見学させてもらった後のインタビューです。 〜〜〜 前回に引き続き、お話を伺った総務人事部門の天使たち 永田恵美さん(2018年入社。気遣いあふれる総務人事の若きエース。半端ないプロデュース力の持ち主。社内呼称・ながっちゃん) 

スキ
1

ゆめみの天使たちに逢ってわかった!雑談タイムを楽しく持続させる法則 前編

〜〜〜 テレワークやリモートワークが当たり前になり、生活の中にも「日常」としてすっかりなじんできた昨今。「通勤不要で楽だし、気も使わない。疲れたらネットや動画を見てリフレッシュしているから大丈夫!」と思っている人でも、実際には心身が休めておらず、たまった疲労がボディブローのようにじわじわ効いてきているのだとか。けれど、社員ファーストが当たり前のゆめみでは、三歩先を行くユニークなフォローがなされていた。「15時からの雑談タイム」。一見簡単そうでいて、その実いろんな条件とエアリ

スキ
9

「好き」が生み出す、最強の企業文化と無限の成長環境 後編

〜〜〜 創業以来、時代の先端どころか未来を先回りする試みで業界を驚かせ続けるゆめみ。その革新性は管理部門においても発揮される。ユニークな発想や社員の熱い声だけで制度は実現しないし、働き方も変わらない。ゆめみの創造力豊かな組織と改革を成立させる立役者こそが今回のターゲット。「ゆめみの天使」ともいわれる総務人事メンバーに、ライター川口が熱いパトスで迫ります! 〜〜〜 今回は後編です。お話を伺ったのは、総務人事部門の2トップです。 松田新吾さん(総務人事部 部長/総務人事と

スキ
11

「好き」が生み出す、最強の企業文化と無限の成長環境 前編

〜〜〜 創業以来、時代の先端どころか未来を先回りする試みで業界を驚かせ続けるゆめみ。その革新性は管理部門においても発揮される。ユニークな発想や社員の熱い声だけで制度は実現しないし、働き方も変わらない。ゆめみの創造力豊かな組織と改革を成立させる立役者こそが今回のターゲット。「ゆめみの天使」ともいわれる総務人事メンバーに、ライター川口が熱いパトスで迫ります! 〜〜〜 今回は前編。お話を伺ったのは、総務人事部門の2トップです。 松田新吾さん(総務人事部 部長/総務人事という

スキ
18

アウトプット

ゆめみの【勉強し放題制度】を活用したアウトプット、その他に、メンバーが自分自身で学んだことをまとめています。 ゆめみの独自制度である「勉強し放題制度」は、あらゆる学習費用を100%会社が負担します。書籍、社外セミナー、実験機材、認定資格の受験など、成長のためのコストは会社が全て負担。また、業務時間の10%は自由な活動に使うことができます。

  • 723本

デザイナーが知っておきたい著作権のアレコレ

ゆめみのBrandingチームでデザイナーをしているasakoです。ゆめみは今年の初めに21歳を迎え、ロゴデザインをリニューアルしました。ロゴ開発ストーリーなどではあまり触れることは少ないのですが、コーポレートのロゴになるということで、プロセスとして、「商標調査・登録」を行いました。 私は元々、契約書類関係や、法律周りのことがすごく苦手で、今まで避けられる限り避けて避けて避けまくってきたのですが... ゆめみの成長因子でもある「学び合う場」を実践するためにも、この機に知識

スキ
3

ビジネス著作権検定 初級に合格しました

デザイナーのasakoです。 (恒例の序文になってきましたが...😂)YUMEMIでは、社内の成長促進のための様々な制度があります。この度も、勉強し放題制度・資格取得報奨金制度を活用し、新たな資格を取得しました!🎉 ビジネス著作権検定とは?ビジネス著作権検定は、著作権や知的財産権の保護と知識と活用能力を証明する資格・検定試験です。企業・教育機関をはじめとしたあらゆる団体において法律に携わる方はもちろんのこと、全てのコンテンツ創作者とコンテンツ利用者に不可欠な知識です。 ビ

スキ
3

【LINE Green Badge Advance】認定試験に合格しました。

【LINE Green Badge Basic】に続き、【LINE Green Badge Advance】という認定試験を受けて、無事合格できました。 試験について徒然とまとめておきます。 ■LINE Green Badgeとは: →認定資格 LINE Green Badgeは、「LINE公式アカウント」や「LINE広告」などLINEの法人向けサービスに関する知識や運用スキルをオンラインプログラムを通して学習し、認定試験に合格いただくことでLINE社から知識レベルの証明を

スキ
1

あらためて確認してみる、オンラインファシリテーションのバッドパターン

オンラインミーティングのコミュニケーションについて過去に以下のようなnoteを書きました。 このnoteでオンラインミーティングについては書いていたのですが、ファシリテーションについては触れていなかったのですが、以下のnoteでファシリテーションTipsについて書かれていましたのを目にしてこと読ませていただいたこともあって、私はオンラインファシリテーションのバッドパターンについて書いてみたいと思います。 今回は「会議(打ち合わせ)」のファシリテーションを範囲とします。

スキ
14

UX/UIデザイン

ゆめみのUX/UIデザインについてまとめています。

  • 123本

色について考える -デザイナーとして考えたい「固定概念」-

デザイナーのasakoです。株式会社ゆめみで、クライアントワークのかたわら、Liberal Arts Labというインターネット以降の知のアップデートを促す活動をしています。そろそろ1年も振り返りのターンに入ってきたところで...今年実施したイベントで、来年も引き続き考えたいデザイナーとして大事な機会があったので、記しておきたいと思います。 色と「ことば」にみるダイバーシティ 今年の4月、ファシリテーターのかつたろさんにお願いして、こんなイベントを主催しました🎨 " 色は

スキ
22

アクセシビリティとの向き合い方を考える

こんにちは🌞 UXUIデザイナーのasakoです。 ゆめみ内では、かれこれ1年半ほど、AppleのHIG(Human Interface Guidelines)とGoogleのMDG(Material Design Guidelines)をABD(アクティブ・ブック・ダイアログ)という手法を活用して社内で毎週勉強会をしています📚 各々Accessibilityのセクションがあるのですが、私の中でアクセシビリティの認知がちょっと変わるきっかけになったので、改めて考えてみたいと

スキ
38

色のはたらき

はじめに色彩検定2級の合格に向け、4月から学習をし始めました。合格に向け、3級から勉強を始めており、学んだことを章立てて投稿していこうと思っています。今回は「色のはたらき」についてまとめていきます。 色のはたらきあらゆるところに色は存在し、人々はその色の美しさに驚嘆・共感してきました。また、暮らしの中にその彩りを取り入れようとしてきました。色には、見た目の美しさだけでなく、様々なはたらきがあり、自然の風景や身の回りのものから知ることができます。 色と心地よさ自然の風景や生

スキ
7

DXでセレンディピティを殺すな

みなさんDXしてますか?アパレル業界でよく言われるDXのソリューションで、「店舗で試着してECで買えます」や「どんな体型でもフィットする服をD2Cでお届けします」みたいな話があります。 服を買う側として思うのですが、客の気持ちとして、それ大事ですか? アパレルでは特によくあることかなと思うのですが、「ビビっときた」とか「出会ってしまった」、私だけが見つけたという一期一会のほうが強烈に印象に残りませんか? まぁ、毎日着るようなある意味標準的なものでしたら、定期購買などもあ

スキ
10

ゆめみの日常

ゆめみの制度やイベントレポート、何気ない日常などを不定期でお届けします。

  • 90本

忖度なし本音の入社エントリ⭐️44歳、PR会社からゆめみに転職する【後編】

はい!ギュンばんわ! 福太郎です! ゆめみの公式バーチャル背景を作ってもらって色んなMTGに参加してますYO! さて!国民のみなさんから大好評をいただいている(?)この連載もいよいよ最終回!完結編です!入社エントリ書くなんて人生初でドキがムネムネしちゃってますが、諸先輩方のHOTな投稿を参考に見よう見まねで書いてみまーす(^^) 【ゆめみってこんな会社】 京都大学大学院の研究室の仲間3人が2000年に立ち上げたテクノロジー企業で、これまで400社以上・約5000万MAU

スキ
86

44歳、PR会社からゆめみに転職する【前編】~今までやってきたこと~

6年在籍した井之上パブリックリレーションズからゆめみに転職して1ヶ月が経ちました。まだ絶賛オンボーディング期間中ですが、このたびの転職について(長くなるので)3部作でお送りします。今回は【前編】〜井之上パブリックリレーションズ編〜 です。もう今さらカッコつけてる場合でもないので情けない部分も正直にさらけ出します。ガチの赤裸々です(笑)。 ■井之上パブリックリレーションズについて 1970年創業、パブリシティやプロモーション代行ではなく経営視点での戦略コンサルティングを軸に

スキ
29

入社エントリー - 2ヶ月経過して感じる本音 -

2021年9月に株式会社ゆめみに入社し、約2ヶ月が経過しました。 今回は「入社エントリー」ということで、入社前後のギャップや感じたこと、そして不満に関することを記したいと思います。 思っていることをそのまま書いてしまったので文章はかなりだらだら、、、ですがご容赦ください。   転職活動中のゆめみのイメージ(長いのでスキップ推奨)僕がやりたいことは「IT技術を使い、チームで課題解決ができる仕事」でした。 (ちょっと記憶薄れていますが) 中でも、ベンチャー企業ばかり経験し

スキ
9

笑顔は自分たちで作れる -雑談時間の大切さ-

さみしい気持ちリモートワークになってから1年8か月。 最近感じたことはとにかく「雑談」の時間がなくて息抜きができないこと。 前は朝に雑談時間を設けてたけどそれもなくなり、 チームメンバーと一緒にくだらない話とか笑う場面が少なくなってきたなと感じていました。 さみしいな~・・・ と思っていたタイミングで、ちょうど「女子かい」の3人で話す機会があり、仕事の話とかプライベートな話を1時間くらいして、すっごくリフレッシュできたんです。笑い疲れるほどw ↓「女子かい」の紹介はこ

スキ
4

ロゴリニューアルとリブランディング

私たちゆめみは、2020年に創業20周年を迎えました。 それを期に「リブランディングプロジェクト」の一つとして、コーポレートロゴのリニューアルを行いました。 1年に満たない期間で、自分たちについて問い直し、社内外を巻き込みプロジェクトチームを作り、時世的なことも考えてフルリモートで進行するなど、簡単には語り尽くせません。 プロジェクトメンバーが語る当時のプロセスや裏側のストーリーを、複数回の記事に分けてご紹介したいと思います。

  • 4本

BRAND NEW YUMEMI - ロゴリニューアルとリブランディング 【背景編】

私たちゆめみは、2020年に創業20周年を迎えました。 それを期に「リブランディングプロジェクト」の一つとして、コーポレートロゴのリニューアルを行いました。 思い返してみると、いろいろ手探り状態で試行錯誤をしてきました。1年に満たない期間で、自分たちについて問い直し、社内外を巻き込みプロジェクトチームを作り、時世的なことも考えてフルリモートで進行するなど、簡単には語り尽くせません。 せっかくですので、プロジェクトメンバーが語る当時のプロセスや裏側のストーリーを、複数回の記

スキ
46

BRAND NEW YUMEMI - ロゴリニューアルとリブランディング 【戦略編】

前回、ゆめみの「リブランディングプロジェクト」の背景編として、プロジェクトが始まった経緯などをお伝えしました。 本記事は第二回目<PART2 戦略編>と題して、MIMIGURIから濱脇さん、淺田さん、根本さんをゲストに迎え、ゆめみからのインプットをもとに、どのように戦略を立てワークショップを組んだのか。また、クリエイティブを担当してくださった、STUDYさんへの情報の渡し方で気をつけたポイントなど、このプロジェクトに関わる際に意識したところなどを語っていただきました。そのお

スキ
18

BRAND NEW YUMEMI - ロゴリニューアルとリブランディング 【ビジュアル編】

過去二回に渡り、ゆめみの「リブランディングプロジェクト」の背景編、戦略編を記事にし、みなさんにシェアしてきました。第三回目の本記事は、<PART3 ビジュアル編>と題して、STUDYのゑ藤さん、佐藤さんをゲストをお迎えしてデザイン面のお話を伺いました。 前回の記事で、STUDYさんにもワークショップに参加していただいたことについて触れましたが、それを受け、どのような思考を辿りアウトプットに行き着いたのか。また、お二人の普段の仕事におけるデザインについての考え方や、今回のプロ

スキ
17

BRAND NEW YUMEMI - ロゴリニューアルとリブランディング 【未来編】

過去三回に渡り、ゆめみの「リブランディングプロジェクト」の背景編、戦略編、そしてビジュアル編を記事にし、みなさんにシェアしてきました。第四回目の本記事では、<PART4 未来編>と題して、プロジェクトをふりかえりながら、ゆめみの未来を考えてみたいと思います。 今回はワークショップにも参加してくれた取締役の2人もゲストに迎え、当時から今までに感じたことや、今後のブランドへの関わり方などを一緒に語っていきます。それでは、最後までお楽しみください。 成長因子と確かな変化 ―ゆめみ

スキ
13